嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】<嶋田味噌・麹醸造元>
嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】<嶋田味噌・麹醸造元>
嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】<嶋田味噌・麹醸造元>
嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】<嶋田味噌・麹醸造元>
嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】<嶋田味噌・麹醸造元>
嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】<嶋田味噌・麹醸造元>
嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】<嶋田味噌・麹醸造元>
嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】<嶋田味噌・麹醸造元>
嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】<嶋田味噌・麹醸造元>
嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】<嶋田味噌・麹醸造元>
嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】<嶋田味噌・麹醸造元>
嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】<嶋田味噌・麹醸造元>
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】&lt;嶋田味噌・麹醸造元&gt;
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】&lt;嶋田味噌・麹醸造元&gt;
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】&lt;嶋田味噌・麹醸造元&gt;
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】&lt;嶋田味噌・麹醸造元&gt;
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】&lt;嶋田味噌・麹醸造元&gt;
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】&lt;嶋田味噌・麹醸造元&gt;
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】&lt;嶋田味噌・麹醸造元&gt;
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】&lt;嶋田味噌・麹醸造元&gt;
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】&lt;嶋田味噌・麹醸造元&gt;
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】&lt;嶋田味噌・麹醸造元&gt;
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】&lt;嶋田味噌・麹醸造元&gt;
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】&lt;嶋田味噌・麹醸造元&gt;

嶋田味噌 茜八味噌(あかはちみそ)減塩味噌【冷蔵便】<嶋田味噌・麹醸造元>

販売元
発送元:嶋田味噌
通常価格
¥1,404
販売価格
¥1,404
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

塩分20%控えた、1番人気減塩味噌

江戸時代から続く奈良・田原本(たわらもと)の老舗、嶋田味噌・麹醸造元。
家業の醤油醸造から味噌作りを始めた、8代目・茜屋八兵衛(あかねやはちべえ)の名を冠した「茜八味噌(あかはちみそ)」は、昔ながらの天然醸造を貫いています。

大豆は北海道産で粒の大きなトヨマサリ。米麹の米は奈良県産のヒノヒカリ。塩は「赤穂の塩」を長年使用し国産原料にこだわっています。
添加物を一切加えず、長期間しっかりと熟成させた安心・安全なお味噌です。

嶋田味噌のお味噌は一般的な市販品よりも塩分控えめですが、この減塩味噌は嶋田味噌の麹味噌よりさらに20%塩分控えめ。美味しく減塩したい方におすすめです。 


《商品内容》
1kg/1,404円 400g/756円

《賞味期限》
発売日より半年から8か月位を目安にお召し上がりください。
お好みにより1年位までお召し上がりいただけます。

《保存方法》
直射日光を避け、冷暗所に保存してください。開封後は冷蔵庫に保存し、半年位を目安に使い切ってください。


《原材料》
国産大豆・国産米・塩

《お届け》
3月〜11月はクール便で発送いたします。
12月〜2月は常温発送となります。
※天然醸造のため、味噌・米麹ともに麹菌が“生きた”状態でお届けします。
袋の膨張や変質などを避けるため、冬季以外はクール便にて発送いたします。ご了承ください。

 

生産者の声

生産者の画像

嶋田味噌・麹醸造元 店主 嶋田 稔

江戸時代から260年続奈良県田原本町の老舗。

家業の醤油醸造から味噌作りを始めた、8代目・茜屋八兵衛の名を冠した「茜八味噌(あかはちみそ)」を製造。(※現在は味噌と麹の製造のみ行っている)
地元の主婦を中心に、町内外で味噌作り教室を開、手作り味噌を広めて話題に

現在も味噌作りと平行して教室を開催しており、対象は幼稚園児から料理人と幅広い世代に拡がっている。
室町時代に用いられた法論味噌(飛鳥味噌)を復活させ、春日大社の歳旦祭に奉納も行っている。